【スコヤカ健康体】オリヒロのグルコサミンで悪玉コレストロールを倒すことができる

仲の良い夫婦

正しい知識で改善しよう

サプリメント

種類と性質の違い

コレステロールは数値が高いと動脈硬化の原因となって体によくないというイメージがあります。しかし、すべてのコレステロールが体に悪い影響を与えるわけではなく、健康的な生活を送るためにはコレステロールの種類や性質をよく知っておく必要があります。もともとコレステロールは細胞膜やホルモンの機能を高めるなど、人間にとって必要な脂質の1つです。しかし、コレステロールには悪玉コレステロールと善玉コレステロールとがあります。このうち善玉コレステロールは血管の掃除をしてくれる働きがあり有害ではないのに対して、悪玉コレステロールは血管内に残って付着してしまい、動脈硬化の原因になってしまうことがわかっています。つまり、悪玉コレステロールの値を下げることが、さまざまな病気のリスクを下げることにつながるといえます。

小さなものほど要注意

また、最近では悪玉コレステロールの中でも、サイズが特に小さい超悪玉コレステロールの存在がわかってきました。そして、実際に心臓や血管の病気になった人たちのコレステロールを調べてみたところ、この超悪玉コレステロールが多く存在していることが判明したのです。超悪玉コレステロールはサイズが小さいので、血管のまわりの壁に容易に入り込むことができてしまい、病気の直接の原因となるプラークを生成してしまいます。また、超悪玉コレステロールはふつうの悪玉コレステロールよりも活性酸素と結びついて酸化しやすいという性質も併せもっています。このため、動脈硬化の直接的な要因となりやすいのです。つまり、超悪玉コレステロールを減らすことに注力することが、健康生活への近道といえます。