【スコヤカ健康体】オリヒロのグルコサミンで悪玉コレストロールを倒すことができる

仲の良い夫婦

脳を鍛えることで若々しく

笑顔の男性

記憶力のピーク

記憶力のピークは20代で、その後は加齢とともに減退していくと言われています。そのことを考慮すれば、まだ20代で若いにも関わらず以前より物忘れが増えたと感じるのは自然なことなのでしょう。加齢にともなう物忘れは自然なことですので止めることはできません。しかし、記憶力の低下のスピードを遅くすることは可能です。そのためには日常生活の中で脳を鍛えていくことが必要となるのです。日ごろから脳を鍛えておくことによって、将来的な認知症の発症を食い止めることも可能です。脳を鍛えるには、積極的に身体を使って動くこと、新しい発見や経験によって様々な思考を巡らせることが重要となるのです。何かを考えたりするだけでなく、運動やエクササイズで身体を動かすことで、より脳が鍛えられるのです。具体的には、手順を考えながら料理をする、歩くのとほぼ同じ速さでゆっくり走るといったことが効果的だと言われています。その中でも、脳を鍛えるのに最も良いと言われているのが、「感動すること」です。本や映画を観たり、美しい景色を眺めたりして感動することで脳細胞を活性化させます。経験したことのない刺激を受けることで脳が若々しく保たれるのです。

若年性健忘症

加齢にともなう物忘れなら誰しも起こることですが、あまりにも物忘れが激しい場合には記憶障害が疑われます。若年性健忘症は20代から30代の若い世代で発症する重篤な記憶障害です。聞いたことをすぐ忘れる、思うように言葉が出てこない、相手の言葉が理解できないなど、日常生活に支障が出るレベルの物忘れが発生する障害です。原因としては、脳への刺激の減少、強いストレス、頭部への外傷が挙げられます。現代ではパソコンやスマートフォンなどが広く普及しているため、ちょっとしたメモや計算などでもそれらの機器に頼りがちです。脳を使う機会が減ってしまい、脳の機能が徐々に低下することで起こる症状なのです。これらの症状を軽減させるには、電子機器に頼らず自分で計算したり、紙にメモするようにしたりと、できるだけ脳を刺激することが必要です。日常生活の中で運動したり、映画などを観て感動したりしながら脳を若々しく保っていきましょう。